Top
カテゴリ
about
news
information
coffee
essay
books
以前の記事
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
リンク
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:coffee( 4 )
コーヒーショップもしくは喫茶店もしくはカフェへのススメ
coffee+02では ご自宅で楽しめる基本であるドリップの美味しさ・テクニック・コツを
ご紹介しました。

家で日々飲むコーヒーもいいですが また外で飲むコーヒーというのもいいですよね。

b0156669_12124488.jpg



毎日 いつものお店でいつもの時間にいつものアレ、ってのもいいし
月に1度はあそこのアレを食べなきゃ!ってのもスキ。
フッて時間が出来たから ちょっと車を飛ばしちゃおう~ ってのもステ~キ。

みなさん お気に入りのお店というのをお持ちでしょう。

今日は私のお店選び、カフェ選びをちょっと紹介。
参考になればな。

まず 雰囲気! そのお店から発散されてるナニカ。
一目惚れしたお店は大体間違いないですね。

b0156669_12134575.jpg


そして トイレ。 いくら人気の流行のお店でも (ま 基本ですが・・・)
トイレが駄目だと 一瞬で恋も冷めちゃいます。
逆にここがキチンと押さえられてると 本気に!
(毎度驚くのは つけられてる!?って思うほど
いつもいつもトイレットペーパーが三角にキチンと折られているシエマのトイレにはビックリ)

それから 味、お客さん、音楽、インテリアの順番でピタっとくるか、ですかねぇ。
でも やっぱり一番は店主。ですね。きっと。
大きなお店だったら 社長さんとかそこの目指してるところとか。

しかし、今までお客さんの立場でアレコレ見てきましたが
逆にこれから見られる立場。

甘口でお願いします(笑)


そうそう 本題。
例えば月に1回でも1年に1回でも通うお店を作るというのは
より 暮らしに心にコーヒーに 意外なほどステキなスパイスを与えてくれますよ!
そう 「あなたの暮らしに 心に コーヒーに スパイスを!」 ってススメをして
今日のところは筆をおくとします。

みなさんにとっての スパイスな一軒がみつかりますように!
b0156669_121476.jpg

(*写真は全てまたまたブルータス「COFFEE AND CIGARETTES」より )

text&photos by Noriko Sunaga @ MANLY COFFEE
[PR]
by coffee_plus | 2008-09-26 12:18 | coffee
ミル・カフェ
b0156669_1393118.jpg


ミル・カフェはデンマークで作られた ポリプロピレンで出来たフィルターです。
紙のフィルターと違い 洗って何度でも使える 地球に優しいフィルターです。

ミル=1000 の意味がある通り
1000回は使えます!
デンマークで実際に行われた実験によりますと
最多で1620回使えたそう!
単純に1日に1杯飲むとして 365×1=365
                  1620÷365=4,4 
なんとこれ1枚で4年も使えるということ!!

お値段735円(税込み)です。

使われている素材も赤ちゃんの哺乳瓶で使用されてるもので安全。

どこで買えるかというと・・・

と ここは販売の宣伝の場所ではないので
ミル・カフェのHPへどうぞ!。

でも ちょっと宣伝。
今日からMANLY COFFEEで取り扱い始めました。

私が友達にプレゼントでもらったのは7,8年前かな。
その時のものは ペンギンが型押しされていました。 (可愛いいですよ~)
今のはMillCafe+ と刻印されてます。
こちらも + だ!

text by Noriko Sunaga @MANLY COFFEE
[PR]
by coffee_plus | 2008-08-22 01:58 | coffee
水だし珈琲レシピ
b0156669_19124224.jpg


以前シエマのブログでも書いた"水だし珈琲レシピ"
もう消えてしまっているのでこちらに転載しておきますね。



水だし珈琲のレシピ

用意するもの:
だしパック、珈琲豆 80g 、浄水 1リットル、お茶ジャグ、気長に待てる時間

その1
スーパーとかに売っている、だしパックを準備してください。
b0156669_14543167.jpg


その2
豆です。これは貴重なエチオピア イルガチェフェ中煎り 80g。
(できるだけ使う直前に挽いてください)
豆はいわゆるアイスコーヒー用のものでも大丈夫。
b0156669_1455456.jpg


その3
豆を挽きます。中細挽き。ドリップ用のもの(中挽き)よりもやや細かめに挽きます。
中挽きでも大丈夫です。カリタのグラインダーの目盛りだとこのくらい。
b0156669_14555314.jpg

b0156669_1455406.jpg


その4
挽き終わったら、だしパックにスプーン等で入れてください。
少し細かく挽いているのでこの場合上からと下からと2重にしています。
b0156669_14552372.jpg


その5
冷蔵庫に入るお茶ポットにできた珈琲豆の入ったパックを入れます。
珈琲豆 80gに対し水 1リットルです。
b0156669_1456637.jpg


手の筋が気持ち悪いですね。。プルプル。。
気長に一晩寝かせます。約8時間ほど。
(中挽きのものを利用の場合抽出時間を少し長めにしてください)
長く楽しみたい時はパックは出しておいてください。


少し濃いめに抽出しているので氷を入れて
お好みでシロップ、生クリーム等をいれて楽しんでみてください。

通常のアイスコーヒーよりもとげが取れ
まろやかでさっぱりした味わいになります。
エチオピアの豆を利用するとフルーティーな香りが楽しめます。
他、マンデリンや深煎りの珈琲豆もおすすめ。



このうだるような暑さも
お盆を過ぎてしまえばあっという間なのでしょうね。

徐々に秋のホットコーヒーを意識しつつ
夏の終わりをこのレシピで楽しんでいただけたら幸いです。


text & photo by EK @CIEMA
[PR]
by coffee_plus | 2008-08-13 15:11 | coffee
コーヒーはライブ!
2006年のWBC(ワールドバリスタチャンピオンシップ:世界バリスタ選手権 2000年より開催)
チャンピオン クラウス・トムセン(Klaus Thomsen)さんがブルータスのおいしいコーヒーの教科書の号でこう言っていました。

「コーヒーは、ワインやチョコレートと似た世界だと思います。
でも、決定的に違う点が、コーヒーが‘‘ライブ”だってこと
ワインやチョコは出来上がったものを買うでしょ。
コーヒーは今のこの一瞬に作られるもの


鳥肌!


続けて
「いい豆やいいマシンばかりを追っても意味がない。
必要なのは、コーヒーに懸ける情熱と奥深い知識。」


まさに!カッコイイ~!


そして、実際に農園に行って働く人々に会って
「コーヒーという世界における自分たちの責任の重大さを感じました。
以来、リスペクトを持って豆を扱うようになった」とのこと。


ステキです。
クラウスさんもロンドンのスターバックスでバイトをしていて
それからコーヒーにのめり込んだそう。


クラウスさんがいらっしゃるカフェ ESTATE COFFEE(エステート・コーヒー)
(8月20日加筆 クラウスさんは今は独立してcoffee collective という
ロースター&カフェのオーナーだそうです。 さすがライブ!進化されてますね!)



coffee+も キーワードとして
ライブ! リスペクト!を。

私個人としては
情熱と奥深い知識 を。


みなさん ご一緒に!

b0156669_1141937.jpg

・・・ちょとボヤけてますが


text & photo by Noriko Sunaga @MANLY COFFEE
[PR]
by coffee_plus | 2008-08-06 01:23 | coffee