Top
カテゴリ
about
news
information
coffee
essay
books
以前の記事
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
リンク
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:essay( 3 )
after "LOVE ESPRESSO"
b0156669_1315307.jpg

報告がだいぶ遅くなってしまいましたが、
coffee+03 無事終了しました。

参加いただいたみなさま、あだち珈琲のおふたり
本当にありがとうございました。

今回のイベントの趣旨はラテやカプチーノの素となる
エスプレッソを楽しんでいただくこと。
飲んで終わり。ではなく
なかなかカフェでは見ることのできない
エスプレッソを抽出するまでの過程を通して見てもらうことでした。

エスプレッソは機械で圧力をかけ濃縮させるので
抽出の際の人の手による技術、
そして素材である豆の状態がはっきり味となって出てきます。

どんどん進化するエスプレッソの世界のイントロダクションと
なったならば嬉しいです。

ドリップコーヒーとは違い
ご家庭で本格的なエスプレッソを楽しむことはなかなかできません。
佐賀の街にもそんな本当においしいエスプレッソが飲める
カフェができればいいのですが。

b0156669_13165696.jpg

b0156669_13171638.jpg

b0156669_13173436.jpg

あだちさんのご提案で今流行?のカッピングもしました。

次もぼちぼちアイディアを練っております。
お楽しみに!
[PR]
by coffee_plus | 2009-03-24 13:26 | essay
空と珈琲と寝太郎。後編
前編よりつづく


そんな感じで、某シアトル系カフェに
毎日足繁く通っては、寝る毎日が続いていました。
それはそれで良かったのですが、
本当に毎日通っていたので月単位で考えたら
結構な金額になることに気づきました。。あわわ。

「じゃあ。本屋の休憩室でコーヒーいれればいいやん!」と
こんな単純なことにしばらく気づきませんでした。

夜からバイトしていた本屋は5階建てのビルでその上に
ワンルームのペントハウスがあって
そこに簡易型の電熱コイルのコンロがついたキッチンがありました。
ドリッパー、コーヒーポット、ミル、マグカップ、ペーパーを持ち込み、
豆はその本屋の面する通りの突き当たりにある
全国屈指の名店で購入していました。

つづきを読んでみたいと勘違いしている
[PR]
by coffee_plus | 2008-09-13 20:00 | essay
空と珈琲と寝太郎。前編
※前置き
珈琲を生業としている人たちに囲まれて肩身が狭いですが、
素人にしか書けないくだらないことを書き綴っていこうと思いますので
他のおふたりと比べてがっかりなさらないように。。
では早速。。



1年とちょっと前、映画館と本屋さんと掛け持ちでバイトしていました。
某店主に言わせれば「えらい文化的やん!」とのことですが
この年にもなってバイト掛け持ちなんて偉そうに言えたものではありません。
ともかくそういった事実が過去にあった訳で
映画館がだいたい朝9時前後から午後4時まで、
本屋は午後6時から10時半まで。
いやぁ。ワーキングプアの鏡とも言える働きぶりでしたが
そう、ぽっかり4時から6時までの2時間が空くのです。

つづきを読んであげても良かろうと思う。
[PR]
by coffee_plus | 2008-09-08 22:43 | essay