Top
カテゴリ
about
news
information
coffee
essay
books
以前の記事
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
リンク
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
LOVE ESPRESSO
みなさま お久しぶりです!



すっかり サボってしまいました。
1週間に1度を死守したかったんですけどね~
1回でもサボっちゃうと サボりグセがついちゃいますからね・・・
しかし!基本1週間に1度のcoffee+を目指していきたいと思います。(ね!?)

さて みなさんはエスプレッソを使ったドリンク、
例えばカフェラテだったりカプチーノだったりカフェモカだったりって
好きだと思いますが
心から美味しい・・・と思う1杯に出会ったことはありますか?

心から美味しい!と感動させる1杯になるには
    美味しいコーヒーの生豆を作る生産者
    その美味しい生豆を美味しく焙煎するロースター(焙煎人)
    その美味しく焙煎されたコーヒー豆を使って美味しく淹れるバリスタ

この三位一体が合体した時に 心から美味しいラテ、カプチーノに出会えます。

全国を飲み歩いてはいませんが、
私が今でも忘れる事の出来ない1杯と出会ったのは
大好きなお店でランチを食べ大満足の後に行ったマヌコーヒーの舞鶴店。

たらふく(失礼)食べてお腹いっぱいだったにもかかわらず
一口飲んで ノックアウト!

確かへーゼルナッツラテだったと思いますが
そのミルクの泡のキメ細かさと優し~いふわふわ感。
エスプレッソが主張しすぎないけれどコーヒー感がしっかりあって
見事なハーモニー。

作ってくれたバリスタさんはオーナーの西岡君でした。
その時はお互い知らなくて私はただのお客さん。
その後 西岡君のコーヒーに対するハンパない情熱に出会うのですが。

その西岡君が先日国内16位の中に見事選ばれ バリスタの全国大会、バリスタ選手権に出場。
予行練習に参加させていただいた時の一杯。カプチーノ。

b0156669_22354051.jpg


その迫力に 私 心動かされました。

残念ながら決勝進出にはいたりませんでしたが、
新しい扉が開かれたんじゃないかなと 思います。

こんなに人々を魅了しちゃうエスプレッソって!?バリスタって!?
そう、coffee+03のテーマは 「バリスタとは」を予定しています。
只今 アイデア焙煎中。 
おいしい焙煎が出来るまで
しばし 楽しみにお待ちくださいね!

text&photo by Noriko Sunaga @ MANLY COFFEE
[PR]
# by coffee_plus | 2008-10-29 22:45
スタンプタウンのコーヒー豆
ポートランド発のコーヒー屋さんStumptown Coffee Roasters

そのステキさは話ではちらりちらりと聞いてましたが
先日 幸運なことに このスタンプタウンのコーヒーを味わう事ができました! 

茶色のシンプルな袋にそれこそスタンプが押してあって
ちょっと感動したのは 袋の底にちゃんと焙煎日がスタンプされていたこと。

新鮮なコーヒー豆を自信を持って販売しているんだろうな、と感じました。

プレスで飲んだコーヒーは軽やかで フレッシュ。
後味が香ばしかった。
素直に 「おいしい!」 と 楽しめました。

ポートランド在住の渡辺 葉さんが書いたスタンプタウンの記事。(ぜひ チェック!)
私の理想なお店に近く、福岡をこんなステキなコーヒー屋さんがたくさんある おいしいコーヒーの街に したい。


text by Noriko Sunaga@MANLY COFFEE
[PR]
# by coffee_plus | 2008-10-11 02:55
Coyote October 2008



映像作家/音楽家の高木正勝
グアテマラで撮った写真をどこかで見た記憶があって
なんでグアテマラなんだろう?
という想いと
僕自身、コーヒー豆を買うときに
ついつい中南米産の中でもコロンビアでもブラジルでもなく
グアテマラを選んでしまう理由がよくわからないのが相まって
雑誌コヨーテ10月号購入してみました。



未知の事柄に対して分析的に紹介してくれる
NATIONAL GEOGRAPHICとは違い、
星野道夫や池澤夏樹などが顔を出す
どこか厭世的な態度のコヨーテは好きです。
なんとなくぼんやりと旅気分が味わえます。

コーヒーの楽しさとは
ヨーロッパ、アメリカでもなく、アジアでもなく
メディアから常に遠い位置にある国々が小さな焙煎店で
直にモノとして出会えることが大きな魅力のひとつだと思います。


この号はコーヒーベルトを行く[前編]、
次号(10/10発売)、後編はブラジル、エチオピアの特集だそうです。

website⇒coyote

text by EK@CIEMA
[PR]
# by coffee_plus | 2008-10-04 19:04 | books
MANLY COFFEE OPEN!
b0156669_21162871.jpg


我らがママ。が無事コーヒー豆焙煎店
MANLY COFFEEリアル店舗をオープンしました!

おめでとうございますっ!
初日から大盛況だったようで。

ぼくも微力ながらフライヤーお手伝いさせていただきました。

2児のママがはじめたコーヒー店。
ENJOY! そして PASSION
あたらしい時代を感じます。


text by EK@CIEMA
[PR]
# by coffee_plus | 2008-10-01 21:44 | information
コーヒーショップもしくは喫茶店もしくはカフェへのススメ
coffee+02では ご自宅で楽しめる基本であるドリップの美味しさ・テクニック・コツを
ご紹介しました。

家で日々飲むコーヒーもいいですが また外で飲むコーヒーというのもいいですよね。

b0156669_12124488.jpg



毎日 いつものお店でいつもの時間にいつものアレ、ってのもいいし
月に1度はあそこのアレを食べなきゃ!ってのもスキ。
フッて時間が出来たから ちょっと車を飛ばしちゃおう~ ってのもステ~キ。

みなさん お気に入りのお店というのをお持ちでしょう。

今日は私のお店選び、カフェ選びをちょっと紹介。
参考になればな。

まず 雰囲気! そのお店から発散されてるナニカ。
一目惚れしたお店は大体間違いないですね。

b0156669_12134575.jpg


そして トイレ。 いくら人気の流行のお店でも (ま 基本ですが・・・)
トイレが駄目だと 一瞬で恋も冷めちゃいます。
逆にここがキチンと押さえられてると 本気に!
(毎度驚くのは つけられてる!?って思うほど
いつもいつもトイレットペーパーが三角にキチンと折られているシエマのトイレにはビックリ)

それから 味、お客さん、音楽、インテリアの順番でピタっとくるか、ですかねぇ。
でも やっぱり一番は店主。ですね。きっと。
大きなお店だったら 社長さんとかそこの目指してるところとか。

しかし、今までお客さんの立場でアレコレ見てきましたが
逆にこれから見られる立場。

甘口でお願いします(笑)


そうそう 本題。
例えば月に1回でも1年に1回でも通うお店を作るというのは
より 暮らしに心にコーヒーに 意外なほどステキなスパイスを与えてくれますよ!
そう 「あなたの暮らしに 心に コーヒーに スパイスを!」 ってススメをして
今日のところは筆をおくとします。

みなさんにとっての スパイスな一軒がみつかりますように!
b0156669_121476.jpg

(*写真は全てまたまたブルータス「COFFEE AND CIGARETTES」より )

text&photos by Noriko Sunaga @ MANLY COFFEE
[PR]
# by coffee_plus | 2008-09-26 12:18 | coffee