Top
カテゴリ
about
news
information
coffee
essay
books
以前の記事
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
リンク
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2種類のペーパードリップ 2
ざっくり言ってしまえばコーヒーの抽出は必ず「浸漬法(しんしほう)」と「透過法(とうかほう)」
という全く違う方式の、どちらかに分類されます。
ペーパードリップ界のツートップ、メリタ式とカリタ式ですが、
見た目はほとんど同じでも抽出理論でいうとメリタ式は浸漬法、
カリタ式は透過法に分類されます。

ここで浸漬法と透過法について簡単にご説明いたします。
b0156669_12263796.jpg

↑メリタ式一つ穴ドリッパー

「浸漬法」というのは、粉をお湯に漬けて成分を染み出させて抽出する方法です。
身近なところでは日本茶や紅茶、お出汁等の抽出法等と同じです。
粉の粒度やお湯の温度はありますが基本的に漬け置く「時間」で抽出(味、濃度)を調節します。
最後に濾す素材の違い(ペーパーなのが網なのか、またはそのメッシュ)でテクスチャは大きく変わります。

コーヒーではサイフォンやフレンチプレス、煮出すタイプのイブリック等が
この方法に分類されます。    

続く   (豆)
[PR]
# by coffee_plus | 2008-08-30 12:19
2種類のペーパードリップ

 「あんた、こりゃなんね?」
 「メリタさんにかりたカリタたい」
 「こっちはなんね?」
 「刈田さんにかりたメリタたい」
 「あんたの言いようことはいっちょんわからん」


ペーパードリップで有名なものに一つ穴の「メリタ式」と「三つ穴のカリタ式」があります。
どちらも同じような形状のドリッパーと紙を使うので一見すると穴の数以外
それほど変わりはないように見えます。・・・がしかし。
「似て非なる」とはまさにこのこと、実はこの二つの抽出器具、
コーヒーの抽出方を大きく二分する全く異なる抽出理論でもって開発されたものなのです。


続く    (豆)
[PR]
# by coffee_plus | 2008-08-29 00:44
coffee+ phase02
b0156669_11372986.jpg


coffee+ phase02
「ドリップ実習」

date:
2008.9.17(wed)

1回目 11:00-
2回目 14:00-

fee:
2,000yen

place:
cafe CIEMA

今回で2回目となるcoffee+。
「ペーパーフィルターを用いたハンドドリップ」の実習を行います。
福岡、白木原より豆香洞コーヒー 後藤直紀さんを講師にお迎えします。
最も一般的でありながら実は奥が深い抽出方法です。
実際にお湯を注ぎ、味を確認しながら、わかりやすく説明していきます。
きっとご家庭でコーヒーを点てる時間が楽しみに変わるはずです。

※できるだけマイカップをご持参ください。
※完全予約制、各回定員6名。約2時間の講習となります。
一回目 11:00-13:00程度 二回目 14:00-16:00程度
なお、一回目と二回目の内容は同じです。
ご予約はeメール、電話で受け付けます。
お名前、参加人数、時間、ご連絡先をお伝え下さい。
先着順の受付けとなり、
定員に達した場合キャンセル待ち扱いとさせていただきます。

CIEMA
tel: 0952-27-5116
mail: office@ciema.info
[PR]
# by coffee_plus | 2008-08-23 11:38 | information
ミル・カフェ
b0156669_1393118.jpg


ミル・カフェはデンマークで作られた ポリプロピレンで出来たフィルターです。
紙のフィルターと違い 洗って何度でも使える 地球に優しいフィルターです。

ミル=1000 の意味がある通り
1000回は使えます!
デンマークで実際に行われた実験によりますと
最多で1620回使えたそう!
単純に1日に1杯飲むとして 365×1=365
                  1620÷365=4,4 
なんとこれ1枚で4年も使えるということ!!

お値段735円(税込み)です。

使われている素材も赤ちゃんの哺乳瓶で使用されてるもので安全。

どこで買えるかというと・・・

と ここは販売の宣伝の場所ではないので
ミル・カフェのHPへどうぞ!。

でも ちょっと宣伝。
今日からMANLY COFFEEで取り扱い始めました。

私が友達にプレゼントでもらったのは7,8年前かな。
その時のものは ペンギンが型押しされていました。 (可愛いいですよ~)
今のはMillCafe+ と刻印されてます。
こちらも + だ!

text by Noriko Sunaga @MANLY COFFEE
[PR]
# by coffee_plus | 2008-08-22 01:58 | coffee
水だし珈琲レシピ
b0156669_19124224.jpg


以前シエマのブログでも書いた"水だし珈琲レシピ"
もう消えてしまっているのでこちらに転載しておきますね。



水だし珈琲のレシピ

用意するもの:
だしパック、珈琲豆 80g 、浄水 1リットル、お茶ジャグ、気長に待てる時間

その1
スーパーとかに売っている、だしパックを準備してください。
b0156669_14543167.jpg


その2
豆です。これは貴重なエチオピア イルガチェフェ中煎り 80g。
(できるだけ使う直前に挽いてください)
豆はいわゆるアイスコーヒー用のものでも大丈夫。
b0156669_1455456.jpg


その3
豆を挽きます。中細挽き。ドリップ用のもの(中挽き)よりもやや細かめに挽きます。
中挽きでも大丈夫です。カリタのグラインダーの目盛りだとこのくらい。
b0156669_14555314.jpg

b0156669_1455406.jpg


その4
挽き終わったら、だしパックにスプーン等で入れてください。
少し細かく挽いているのでこの場合上からと下からと2重にしています。
b0156669_14552372.jpg


その5
冷蔵庫に入るお茶ポットにできた珈琲豆の入ったパックを入れます。
珈琲豆 80gに対し水 1リットルです。
b0156669_1456637.jpg


手の筋が気持ち悪いですね。。プルプル。。
気長に一晩寝かせます。約8時間ほど。
(中挽きのものを利用の場合抽出時間を少し長めにしてください)
長く楽しみたい時はパックは出しておいてください。


少し濃いめに抽出しているので氷を入れて
お好みでシロップ、生クリーム等をいれて楽しんでみてください。

通常のアイスコーヒーよりもとげが取れ
まろやかでさっぱりした味わいになります。
エチオピアの豆を利用するとフルーティーな香りが楽しめます。
他、マンデリンや深煎りの珈琲豆もおすすめ。



このうだるような暑さも
お盆を過ぎてしまえばあっという間なのでしょうね。

徐々に秋のホットコーヒーを意識しつつ
夏の終わりをこのレシピで楽しんでいただけたら幸いです。


text & photo by EK @CIEMA
[PR]
# by coffee_plus | 2008-08-13 15:11 | coffee