Top
coffee+ phase02 9/17 無事終了しました。
b0156669_2019614.jpg

b0156669_20194087.jpg

b0156669_2020850.jpg


豆 70% 入れ方 20% 水 10%

これが今回、豆香洞コーヒー後藤先生に教えていただいたことです。
何のことかわかりますか?味を決める要素のパーセンテージです。
もちろん基本的な技術(入れ方)も教わりながら『豆』
つまり『コーヒー豆の鮮度』が味に大きく左右することを教えていただきました。

前回、6月の映画『おいしいコーヒーの真実』の上映で
コーヒーが加工され流通された世界に住む私たちにとって
『コーヒーは農産物であり生鮮物である』ことの認識が欠けていることが
大きな弊害に繋がっているのではないかという想いから今回、
『豆の鮮度』といった主題になりました。

『新鮮なうちに使い切れる量を購入し、豆は使う直前に挽く』こと。
当然のことのようですがなかなか難しいことなのかもしれません。

コーヒーとは生鮮物であり文化です。
ともに鮮度の高いものであり続けることが
私たちの生活をより豊かなものにしてくれる。
それが文化の末端を担う映画館シエマの願いです。

平日に少人数での開催となり、参加したいけどできなかった
という方も多かったと思います。
今後も形を変えて続けて参りますのでぜひ次の機会にご参加下さい。
参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

※CIEMAにて
豆香洞コーヒーより コーヒー豆とポーレックス コーヒーミル
MANLY COFFEEより コーヒー豆とドーナツドリッパー、ミルカフェを
期間限定少量販売しております。お早めに!


text & photos by EK @CIEMA
[PR]
by coffee_plus | 2008-09-19 20:21 | information
<< コーヒーショップもしくは喫茶店... 空と珈琲と寝太郎。後編 >>